2013年、中小企業向けウェブサイト作成にはどのくらいの費用が必要?

編集者注: 我々のブログの中で 最も人気のある記事 をアップデートしました。

ビジネスオーナーがウェブサイトを作成するために3つの制作会社に見積もりを依頼しました。彼女は各社に同じ“必要素材”と定めたゴール、必要な機能を伝え、  一週間後、各制作会社からの企画・見積書を受け取りました。

1社目は2,800ドル、2社目は5,500ドル、そして3社目は13,000ドルという見積価格でした。

“おち”はと言うと…それが無いんです。  つまり、どこをジョークと捉えるかはどの見積もりが一番リーズナブルで、適当かを決めるクライアント次第だからなんです。

まさかと思うでしょうが、これはよくある話で、  実際に、あるビジネスオーナーは受け取った4つの見積書を我々に送ってきて、どうしてこんなに価格の差があるのかを説明して欲しいと訊ねてきました。 残 念ながら、ほとんどのオーナーたちは、どの見積もりが非現実なくらい低価格で、どれが馬鹿馬鹿しいほど値を吊り上げているのか、またどれがストライクゾー ンなのかを知る術もないのです。

二年前、我々はウェブサイト作成のプロセスと費用に困惑し、翻弄されている人々を教育するために “中小企業向けウェブサイト作成にどのくらいの費用が必要か” という記事を作成し、それは我々のブログの中で最も閲覧されるものとなりました。

私たちはテクノロジーの進歩、デザインやウェブサイト企画・制作の相場を加味し、2013年時点でウェブサイト作成に “実際” いくら掛かるのかを 明らかに すべく、 二年前の記事を更新しました。 注)ここで言う“中小企業”というのは10ページから20ページほどの企業情報、基本コンテンツとソーシャルメディアのウィジェットを含むウェブサイトとお考えください。

howmuch

基本要素と費用

概して、下記の 価格 が見積もりに加算されます。(カスタムデザインのお見積もりに関しては(424) 245-5472 までお電話下さい):

  • ドメイン名  – 年間10ドル
  • ホスティング – 年間10ドルから100 ドル(ホスティング・サービス、アクセス数によります)
  • デザイン、企画、初期設定時間 – 60 時間以上
  • 更新、メインテナンス費用 – 年間500 ドルより (更新回数や内容によります)
  • マーケティング – 月々750 ドルより

費用がかさんでしまうかもしれない要因

ウェブデザインのコストを少しでも安くしたい時には これらの項目を見直してみてはいかがでしょうか。

  • 新規のウェブサイト作成か、既存サイトのデザイン変更か。
  • どれだけ準備が出来ているか – 全ての素材は揃っていますか?
  • ブログ型ウェブサイト, それともコンテンツ・マネジメント 機能が必要なのか。
  • ウェブサイト用のグラフィックは作成済みか。
  • ウェブサイトをスマートフォン、タブレット用に最適化するか。
  • マルチメディア、ビデオは必要か。
  • どれだけのコンテンツがあり、どれだけ新たに作成するか。
  • ソーシャルメディア、検索エンジン対策、eコマースなどのサービスが必要か。
  • ウェブサイト立ち上げ後、誰が管理・運営するか。

これから以上の項目を細かく説明していき、どれだけコストを削減できるかお話しま す。ここでの料金は16年の経験をもとに算出したものですが、ご依頼・ご要望によって料金が変動する場合があります。プランに合わせてお見積もりさせて頂 きますので、是非お問い合わせください。 

新規ウェブサイトはデザイン変更より高くつくことが多い

自分で作成するにしても、デザイナーに依頼するにしても…基になるウェブサイトが無く、あらかじめどのようなブランドを確立したいのか、どのような機能が必要なのかが明確で無いときは、全てをゼロから作っていくことになります。  新規の作成には““ウェブサイトビジネスプランニング”” の過程が必要不可欠です。  これはオンラインブランドの確立、ウェブサイトの構成と機能を定める手助けになります。また、お客様とデザイナーの関係を円滑なものにし、ストレスを軽 減する重要なものだと考えています。よりシンプルなウェブサイト、お客様の方針・計画がしっかりと定まったものである場合、この過程は一日程で完了するこ ともあります。  しかし!… ご要望に沿うようウェブサイトの内容が複雑になればなるほど、ミーティングや詳細な書類の作成などに数週間もの時間を費やすことになってしまいます。

インターフェイスデザイン

インターフェイスデザインは視覚・感覚のデザインとも考えられ、コンピューターとい う仮想環境内でユーザーが求める目的を達成するためのデザインです。このデザインは写真やページ構成などを含め、お客様のブランドを築き上げるものとなり ます。 もし既存のテンプレートを選んだとしても、写真や構成をやり直さなくていいわけではありません。デザインを作り上げていく上で、デザイナーとのやり取りが 必要となります。いくつかのデザインから気に入ったものを選び、ご意見・ご要望を取り入れながら納得のいくものに近づけていきます。 ですから、中小企業 ウェブサイトには、プログラマーが制作にあたる以前に 1,200ドルから3,500ドル の費用が掛かるとお考えください。ここで 費用を惜しんでしまうと、どうしても集客を見込めるウェブサイトは作れないのです。

写真とグラフィック

ウェブサイトの写真・グラフィックは厄介なものです。10ドルほどの既存のものから何百ドルもするカスタムデザインやデザイナーイメージなど…デザイン性だけでなく何があなたのウェブサイトに “適した” ものか、この判断によってとても大きな違いを生み出すことになります。最低でも既存のイメージに 100ドル の費用は見込んでおいたほうが良いでしょう。  もし、良いデザイナーをご存知なら安くで格好いいイメージを作ってもらえるかもしれません。

でも、それだけではありません。主な写真などの他にアイコンやボタンの  デザインに 50ドル程 の予算を考えなくてはいけません。

レスポンシブ・ウェブデザイン、スマートフォン最適化の費用

モバイル端末は、オンラインビジネスでの成功に欠かせないものとなってきています。そしてウェブサイトのデザインは “モバイル端末対応”のもので無ければなりません。 一番便利なものは ““レスポンシブ・ウェブデザイン”“と呼ばれるもので、スマートフォン、タブレット、デスクトップなど各端末のディスプレイに合わせてサイズを調節できるものです。レスポンシブ・ウェブデザインには通常のデスクトップ専用ウェブサイト作成費用に 20%から30% ほどが加算されます。料金が高くなる理由は、インターフェイス・デザイナーが、色々な端末からウェブサイトにアクセスした場合にどのように表示されるか試 行錯誤し、ウェブサイト立ち上げまでに多くの時間と労力を費やすことになるためです。近年、依頼されるほとんど全てのプロジェクトがレスポンシブ・ウェブ デザインになってきています。

コンテンツの作成と挿入の費用

費用を抑える一番の方法は、 コンテンツ を自分で作成し、挿入していくことです。  多くのデザイナーはウェブサイトのテンプレートを作成後、お客様ご本人がコンテンツや写真を作成・挿入するのに何の抵抗もありません。しかし、もし制作会社に全てを任せたいのなら、1ページあたり 100ドルから150ドル の費用を考えなくてはいけません。

特別機能のプログラミングは高コスト

世の中にはウェブビジネスをより良いものに出来る、数え切れないほどの“特別機能” がありますが、選びようによっては更に費用が掛かるものとなってしまいます。しばしば、これらの機能はウェブサイト作成プランに含まれていることもありま すが…これがあなたの思い描いていた通りの仕上がりになるとは限りません。これからご紹介する費用はこれまでの経験と実績を反映したものです。以下のリス トに必要な機能が含まれていない場合は、お気軽にお問い合わせください。

  • カスタムコンテンツ・マネジメントシステム- ご自分のウェブサイトをご自身で管理・運営したいお客様へカスタムコンテンツ・マネジメントシステム(CMS)をご用意いたしました。Drupalや WordPressっといったオープンソースのウェブ開発向けスクリプト言語PHP です。費用は 2,000ドルから20,000ドルです。
  • ウェブサイト活用マニュアル、操作トレーニング – 初めてウェブページを作成する場合、操作マニュアルやウェブページ活用・運営の勘所を学ぶ必要があると思います。どの程度習得したいかにもよりますが、教材には 400ドルから1,500ドルほど掛かります。
  • ブログ– たくさんのお客様がWordPressやその他のブログページをご自信のウェブサイト用にカスタマイズされます。ご希望に沿うブランドに仕上げ、デザインするためには 1,000ドルから 2,500ドル掛かります。
  • eコマースサイト構築のためのショッピングカート、カタログ、各種決済手段の設定には 1,500ドルから5,000ドル 。ご希望内容によっては更に高くなることもあります。
  • Eメール・マーケティング- Eメールによって広告やニュースレターを送付したいとお考えのお客様にはEメール管理ツールが必要となります。 graphicmail, mailchimp, constant contact, などを含むソフトウェアによりEメールブラストのテンプレート作成・管理が可能になります。 720ドルより承ります。
  • ブランドアイデンティティの確立- ロゴのデザインはよく依頼される仕事の一つです。最低8時間をかけて6つほどの大まかなアイディアを作り出します。その中で気に入ったものがあれば何度も話し合いと編集を重ねて、最終的なロゴの完成になります。 900ドルから3,500ドル
  • スタイルガイド– スタイルガイドを作っておくと、制作に携わる全ての人と情報が共有でき、ブランドイメージや印刷物などデザインの一貫性を促進し、マーケティングにも便利です。 ベーシック・スタイルガイドは1,440ドルです。
  • ランディングページ- ランディングページとは様々なネット広告やEメール、リンクをクリックした際に表示されるページで、主に売り出し中のものや大々的に行っているキャンペーンを促進するために制作されます。ページの作成、デザインは 450ドルからです。
  • ニュースフィードの更新と追加には 400ドル掛かります。
  • お問い合わせフォーム、アンケート作成は 300ドルより
  • ニュースレター作成。 400ドルから900ドル
  • Google AdWordsによる統合マーケティング。 200ドル
  • フォトギャラリー作成します。 250ドルから500ドル
  • マーケティング測定基準: Google Analyticsや独自の方法でマーケティングを分析します。 200ドルから2,000ドル
  • 検索エンジン最適化- 検索エンジンを対象として検索結果でより上位表示を目指して修正・最適化します。 500ドルから4,000ドル
  • ソーシャルメディア- Twitter, Facebook, You Tube, Pinterest, Google+, LinkedInなどのソーシャルメディア・アカウントの作成、管理をします。 500ドルから2,000ドル

では、“実際に”中小企業向けウェブサイト作成にはいくら掛かるの?

私たちがデザインを手がけ、企画・制作し、立ち上げる多くの中小企業用ウェブサイトには 6,000ドルから20,000ドル の費用が掛かります。上の項目から何がお客様のビジネスに必要か選び、大まかなコストを算出できると思います。このほかに以下のような比率でコストを考えることも出来ます。

  • 15% 企画
  • 25% インターフェイス・デザイン
  • 40% プログラミング
  • 20% プロジェクト・マネジメント

管理・運営費を忘れずに

ウェブサイトは勝手に更新してくれるものではありません。そして出来の良いウェブサ イトとは管理が徹底され、継続的に新しい情報を提供してくれるものです。たくさんのビジネスオーナーが総費用に立ち上げ後の管理・運営費を組み込むことを 忘れがちで、更には自分で簡単に出来るものだと考える場合もあります。しかし、初めてホームページを丸まる全部消してしまい、8時間の営業時間の売り上げ を取り戻そうとああでもない、こうでもないと躍起になっているときに、「こんなことならケチらずに管理費を払ってでもメインテナンスを頼むんだった。」と 思うものです。多くの技術者は小さな要求にいちいち対応するのを面倒がり、自ら買って出てはくれないものなので、必ず契約に管理・運営を付け加えてもらう ようにしましょう。

管理・運営の契約は、何を制作会社に求めるかによって違ってきます。トラブルが起きたときにデザイナーや開発者が電話応対してくれるよう最低 月々250ドルの 予算を組んでおきましょう。そして追加でイメージや新しいコンテンツを作成してもらったり、ソーシャルメディアやニュースレターの管理を依頼する場合には 別途料金が加算されます。  Executionistsは管理・運営のトータルサポートプランをご用意しております。

最後に

最後になりますが、このウェブサイトがあなたのビジネスの要となるのなら、 デザイン・開発の費用を決して惜しまないでください。 もし100,000ドルを払って実店舗を構えるのならば、棚卸し資産、インテリアデザイン、家具、家賃、光熱費、人件費、備品、保険その他諸々の費用を考 慮しなければなりません。その時に、オンラインビジネスを支えるウェブサイトの費用を削らず、  最低6,000ドルから20,000ドル以上の予算を組んでおかなくてはなりません。 あなたの予算は、何があなたのビジネスに必要かを反映するべきな のです。

お問い合わせ、お見積もりのご依頼は メールフォーム または お電話(424) 245-5472 よりお気軽にご連絡ください。500社以上の中小企業様のウェブサイト開発をお手伝いして16年、長年の実績をもとに、早急にご回答いたします。

Free-Consult
admin
by admin
Posted: June 6, 2014